沖縄タイムス+プラス ニュース

「おりのようだ」 辺野古ゲート前に新たな柵 70人が座り込み

2018年1月13日 14:16

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では13日、新基地建設に反対する市民約70人が抗議の座り込みを続けた。ゲート前の道路には、高さ約155センチの柵が新たに設置されており、市民は「おりのようで圧迫感がある」などと訴えている。

新基地建設に抗議し座り込む市民は、新しく設置された柵(右手前)が「おりのようだ」と訴えた=13日、名護市辺野古

 新たな柵は県警が設置。機動隊が座り込む市民を排除・拘束してきた場所にあり、これまでにあった高さ約1メートルの柵と新しい柵をロープなどで結束し、土のうで支えている。

 北谷町の女性は「何のためか分からないが、柵を高くし、抗議活動に圧力をかけようという県警の考えだとしたら浅はか。柵にも税金が使われている」と眉をひそめた。

 一方、辺野古崎西側の2カ所で護岸工事が進められた。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS