本書は、日本屈指の吹奏楽指導者・屋比久勲への数年間に及ぶ取材を通して、高校から大学へと教育の舞台を移した彼の新たなる挑戦を描いたものである。