沖縄タイムス+プラス ニュース

名護市長選:渡具知氏の陣営、座談会参加を断る 記者クラブ申し入れ

2018年1月14日 06:14

 2月4日の名護市長選に立候補を予定している渡具知武豊氏(56)の陣営は12日までに、沖縄県政記者クラブが申し入れていた立候補予定者同士の座談会企画について、「丁重にお断りさせていただく」と文書で回答した。9日付。理由を「日程が多忙のため」としている。

名護市長選に立候補を予定している渡具知武豊氏

 県政記者クラブには沖縄県内外の新聞社、放送局、通信社13社が加盟している。文書で「マスコミ各社のインタビュー、アンケート、座談会(書面)等についてはできうる限り回答している」としている。

 同市長選に立候補を予定している稲嶺進氏(72)の陣営は「公の場で政策論争し、市民にしっかりと自らの政治姿勢を問うべきだ」とコメントした。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS