沖縄タイムス+プラス ニュース

南城市長選きょう告示 現職・新人一騎打ちへ 沖縄

2018年1月14日 07:26

 任期満了に伴う沖縄県南城市長選が14日、告示される。投開票は21日。これまでに現職の古謝景春氏(62)=無所属、自民、公明、維新推薦=と新人で元衆院議員の瑞慶覧長敏氏(59)=無所属、社民、共産、社大、自由、民進推薦=が出馬を表明しており、一騎打ちとなる見通し。

南城市長選挙に出馬を表明している古謝景春氏(左)と瑞慶覧長敏氏

 2006年の合併後、12年続く市政の評価を争点に、両陣営は激しい集票合戦を繰り広げている。

 古謝氏は南城市型都市計画で人口が増加したことや、企業の誘致による雇用創出効果など3期12年の実績を強調。瑞慶覧氏は旧4町村間で基盤整備に偏りがあるとし、定期的な地域懇談会の開催や子育て世代の支援を訴える。

 同選挙管理委員会によると、2017年12月1日現在の選挙人名簿登録者数は3万4633人(男性1万7357人、女性1万7276人)。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS