沖縄タイムス+プラス ニュース

ビーチで寒稽古 気合十分! 那覇・波の上で120人

2018年1月14日 08:37

 全日本少林寺流空手道連盟錬心舘県本部(本間貴文本部長)の県下合同寒稽古が13日、那覇市の波の上ビーチであり、門下生の子どもら約120人が冷たい海の中で心身を鍛えた。

冷たい水を蹴り上げ、寒稽古する子どもたち=13日午前、那覇市若狭・波の上ビーチ(喜屋武綾菜撮影)

 那覇の午前10時の気温は13.3度。子どもらはランニングや型の演武で体をほぐした後、海中につかり、掛け声に合わせ、「えいっ!」と突きや蹴りを披露した。空手を始めて約2カ月の大城龍之介ちゃん(5)は「楽しかった」と笑顔。石嶺小1年の松代紗衣(さえ)さん(7)と金城小1年の高岩怜音(りおん)さん(7)は「全国大会出場」や「黒帯」の目標を掲げ、意気込んだ。

 本間本部長は「周囲の人に感謝し、けがや病気のないよう1年間稽古に励んでほしい」と話した。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS