沖縄タイムス+プラス ニュース

南城市長選告示 現職・古謝氏と新人・瑞慶覧氏が一騎打ち

2018年1月15日 08:05

 【南城】任期満了に伴う南城市長選は14日告示され、現職で4期目を目指す古謝景春氏(62)=無所属、自民、公明、維新推薦=と、新人で元衆院議員の瑞慶覧長敏氏(59)=無所属、社民、共産、社大、自由、民進推薦=の2人が立候補を届け出た。合併後12年の市政の評価や子育て支援の在り方が争点。21日に投開票される。

(左)出発式で支持を訴える古謝景春候補=14日午前、南城市佐敷新開(右)支持者に政策を訴える瑞慶覧長敏候補=14日午前、南城市大里高平

 古謝氏と瑞慶覧氏は14日午前、それぞれ出発式を開いた後、市内を遊説して有権者に支持を呼び掛けた。

 古謝氏はインフラ整備など3期12年の実績を強調し「市政の継続」を訴えた。瑞慶覧氏は公平な市政実現を訴え「市民と一体となったまちづくり」を目指す。

 同日は市議補選も告示され、2人(欠員1人)が届け出た。

 13日現在の有権者数は3万4348人(男性1万7235人、女性1万7113人)。

 期日前投票は15日から20日の午前8時半~午後8時、市役所玉城庁舎で行われる。

 古謝景春(こじゃ・けいしゅん) 1955年生まれ。79年に旧知念村役場採用。2002年村長に当選。06年南城市長に当選。沖大卒。旧知念村安座真出身。

 瑞慶覧長敏(ずけらん・ちょうびん) 1958年生まれ。93年から英語教室経営。2009年から衆院議員を1期務めた。琉大卒。旧大里村仲間出身。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS