沖縄タイムス+プラス プレミアム

名護市長選・政策比較(上)再編交付金 【稲嶺氏】頼らないまちづくりを 【渡具知氏】受け取り施策講じたい

2018年1月16日 16:22

 2月4日投開票の名護市長選は、現職の稲嶺進氏(72)=無所属、社民、共産、社大、自由、民進推薦=と、新人で前市議の渡具知武豊氏(56)=無所属、自民、公明推薦=が出馬を表明している。最大争点となる名護市辺野古の新基地建設問題や医療福祉・経済振興など名護市の課題を点検する。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS