「その世代にしか見えないものをしっかりと深く見て、自分の年齢を武器にしている」。作家の道尾秀介さんが、ある文学賞の授賞式で本書にそう言及した。気になって読んでみて納得。14歳、中学2年生の手による、見事なデビュー小説だ。