子どもが主役の「学園」窓ぎわのトットちゃん黒柳徹子著 「窓ぎわのトットちゃん」はテレビの人気者、黒柳(くろやなぎ)徹子(てつこ)(1933年〜)が小学生のころを振(ふ)り返って書いた児童書だ。81年に出版され、大ベストセラーになった。「トットちゃん」は黒柳の愛称(あいしょう)。