裁判には被告(ひこく)が有罪かどうかを判断し、有罪の場合は刑(けい)も決める【刑事訴訟(そしょう)】や個人対個人、個人対企業(きぎょう)、国などの争いを解決するための【民事訴訟】などがあります。