沖縄タイムス+プラス ニュース

シェルター・監視カメラ・内線電話・・・落下物の備え6項目 普天間第二小PTA、防衛局に要請

2018年1月16日 12:15

 米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリから窓が落下し、運動場の使用を中止している沖縄県宜野湾市の普天間第二小のPTA役員が15日、沖縄防衛局に中嶋浩一郎局長を訪ね、落下物から身を守るための屋根やシェルターなどの避難用工作物や、運動場の使用を再開するために校長、市教育長、防衛局長、米軍が安全対策の最終確認を行う場を設けることなどを求めた。

(資料写真)使用中止のままの普天間第二小学校運動場

 要求項目は六つで、ほかに(1)監視カメラの設置(2)監視員の配置(3)基地フェンス側への学校位置表示灯の設置(4)内線電話の設置-を要望。昨年末に開いた保護者会で出た意見を基に、実現可能な事項をまとめた。(1)~(4)は既に対応済みや実施を検討中。残りの要求について、中嶋局長は「市教育委員会と調整し、できる限り対応したい」と述べた。

 徳村篤志会長は「上空を飛ぶ可能性がある中で、再開にみんな心配はある。全てがそろわなければ運動場を使用しないというわけではないが、保護者の安心材料になる」と話した。

 要請は当初、学校とPTAの連名で行う予定だったが、市教委が避難用工作物の設置に「シェルターのような死角はつくれない」「屋根だけでは横からの衝撃を防げない」などの理由で難色を示すなど折り合いがつかず、それぞれ単独での要請となった。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間