厚生労働省の検討会が、医師が原則として診療を拒めない「応召義務」を論点に挙げた。誰でも必要な時に医療サービスを受けられる根拠となっている“聖域”に切り込む。