沖縄タイムス紙面掲載記事

[名護市長選 2018.2.4]/辺野古争点 20年続く/14年 反対・推進、初対決

2018年1月17日 00:00

 【名護市長選取材班】日米が普天間飛行場の返還に合意して以降、辺野古への移設問題を大きな争点としてきた名護市長選が28日告示、2月4日投開票を迎える。移設に「反対」する現職の稲嶺進氏(72)と、県が国を訴えた裁判の行方を注視するという前市議で新人の渡具知武豊氏(56)の一騎打ちとなる見込みだ。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス紙面掲載記事のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS