沖縄タイムス+プラス プレミアム

名護市長選:「辺野古」巡るこの8年の動き 事業着手後、初の審判へ

2018年1月18日 16:00有料

 【名護市長選取材班】名護市長選は28日告示、2月4日投開票される。米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設について、3期目を目指す現職の稲嶺進氏(72)は断固反対、前市議で新人の渡具知武豊氏(56)は、県と国の裁判の経緯を注視するという立場で立候補を表明している。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気