沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸では18日午前、被覆ブロックを設置するなど護岸工事が進んだ。辺野古崎西側の「N5」「K1」「K4」護岸建設現場では、海に投下された石材の周囲に被覆ブロックが設置された。 北側の「K9」護岸には、石材を積んだ台船が接岸。