65歳以上を一律に「高齢者」とみるのは現実的ではない−。政府が高齢者の定義を巡り、初めてこのような見解を示した。高齢でも健康で働ける人は「支えられる側」から「支える側」にとの流れを生み出すもので、日本の社会保障制度において大きな転換点となる。(1面参照)  背景にあるのは政府の危機感だ。