希望の党と民進党は17日、双方の執行部が進めていた統一会派の結成を断念した。民進は両院議員総会を党本部で開き、大塚耕平代表が会派結成の了承を得ようと臨んだものの、反対が相次ぎ結論を見送った。会合後、一部から大塚氏らの責任論も出た。希望は緊急役員会を国会内で開き対応を協議。