【宮古島】国の重要無形民俗文化財で、厄を払い福を呼ぶため周囲の人や建物などに泥を塗る宮古島市平良島尻の伝統行事「パーントゥ」が11日、始まった。キャーン(つる草)を体に巻き付けンマリガーと呼ばれる泉の泥を全身に塗った3体の来訪神「パーントゥ」が夜まで地域住民や観光客に泥を塗り集落内を練り歩いた。