沖縄タイムス+プラス プレミアム

米軍意思表示は方便 広がる危険 政府の対応注視【解説】

2018年1月19日 12:59有料

 米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリが宜野湾市の普天間第二小学校へ窓を落下させてからおよそ1カ月。子どもたちや保護者の不安に対し、学校上空の飛行を「最大限可能な限り避ける」とした米側の意思表示は、その場の批判をかわす単なる「方便」に過ぎなかったことを示したと言える。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気