うつる病気、感染症の知識をかるたで身に付けてほしいと、感染症教育に力を入れている岡田晴恵白鴎大特任教授(公衆衛生学)が「感染症カルタ」を自費製作、このほど発売された。  おたふくかぜやプール熱のように子どもに身近な病気から、近年海外で深刻な問題になったエボラ出血熱やジカ熱まで計46種類。