1534(嘉靖13)年、尚清王の冊封正使として陳侃(ちんかん)が来琉し、翌年『使琉球録』を上梓(じょうし)した。このいわゆる陳侃使録が、琉球冊封使録の先鞭(せんべん)をなしその後の使録にも大きな影響を与えていくことになる。