1857年に多良間島沖で沈没したオランダ商船の調査が始まる 船体は確認されておらず、規模や乗員数も分かっていない 島の海岸では台風後に陶磁器などの遺物が散乱することも