沖縄タイムス+プラス プレミアム

前哨戦の評価は二分 名護市長選の両陣営、影響探る

2018年1月23日 14:23

 2月4日の名護市長選の「前哨戦」にも位置付けられる南城市長選で、翁長雄志知事が支援した新人の瑞慶覧長敏氏が勝利したことを受けて22日、名護市長選への出馬を表明している現職の稲嶺進氏(72)の陣営は「弾みがつく」、新人の渡具知武豊氏(56)の陣営は「影響はない」と、それぞれの評価を示した。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS