沖縄タイムス+プラス ニュース

のろのろ運転、運転手を逮捕 辺野古で公務執行妨害の疑い

2018年1月23日 13:37

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブには23日午後1時までに2回、採石やコンクリートブロックなどの資材を積んだダンプカー、ミキサー車など計184台の工事車両が入った。そのたびに機動隊員が座り込みの市民を強制排除し、道路脇の柵の内側に囲い込んだ。

基地建設の資材を積んだトラックが到着し、抗議市民の排除に取りかかろうとする機動隊=23日午前11時52分、名護市辺野古

 また午前9時半ごろ、ゲート前でのろのろ運転をしていた運転手の男性が車で警察官に接触したとして、公務執行妨害の疑いで名護署に逮捕された。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間