日銀は22日、金融政策決定会合を2日間の日程で始め、景気や物価の動向を点検した。好調な海外経済を背景に輸出や設備投資が伸びているため、2日目の会合で2018年度の経済成長率見通しを引き上げる方向で検討する。