ハンドボール男子のアジア選手権は22日、韓国の水原で2次リーグが行われ、2組の日本は第1戦でカタールに23−40で敗れた。東江雄斗(興南高−早大−大同特殊鋼)は3得点だった。2次リーグは4チームの総当たりで争われ、2位以内が準決勝に進出。上位4チームが来年開催される世界選手権の出場権を得る。