政府は23日、経済財政諮問会議を開き、国と地方の基礎的財政収支の改善が遅れ、赤字解消が2027年度にずれ込むとの試算を示した。昨年7月の前回試算では25年度の黒字転換を見込んだが、教育無償化の費用がかさむため収支が悪化。楽観的と批判のあった経済成長率の前提を引き下げたことも影響した。