大相撲の十両でエジプト出身の大砂嵐関(25)=本名アブデルラフマン・シャーラン=が乗った車が長野県内で別の車に追突した事故で、大砂嵐関が県警に「自分が運転していた」などと述べ、容疑を認めたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。