沖縄タイムス+プラス ニュース

深夜以降も米軍機の騒音 8カ月で611回 宜野座村城原区、すでに前年度2.7倍

2018年1月26日 05:33

 米軍キャンプ・ハンセンに近い沖縄県宜野座村城原区で2017年4〜11月、午後10時〜翌朝7時までに米軍機とみられる60デシベル以上の騒音が611回あったことが24日、沖縄防衛局のまとめで分かった。すでに通年値である15年度151回の約4倍、16年度226回の約2・7倍に達している。

2016年7月、宜野座村城原区の住宅地上空を低空飛行するオスプレイ(右上)

沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長(左端)に住宅地に近い着陸帯「ファルコン」撤去を求める宜野座村城原区の崎濱秀正区長(右から3人目)=24日、嘉手納町・沖縄防衛局

2016年7月、宜野座村城原区の住宅地上空を低空飛行するオスプレイ(右上)

沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長(左端)に住宅地に近い着陸帯「ファルコン」撤去を求める宜野座村城原区の崎濱秀正区長(右から3人目)=24日、嘉手納町・沖縄防衛局

 防衛局が城原区に設置した騒音測定機のデータを区に提出した。同区での深夜・早朝の騒音が急増する異常な実態が裏付けられた。

 城原区の崎濱秀正区長らは24日、嘉手納町の沖縄防衛局に中嶋浩一郎局長を訪ね、オスプレイのつり下げ訓練や米軍ヘリの低空飛行などに抗議。住宅地に近いハンセン内の着陸帯「ファルコン」の撤去と区周辺での飛行訓練の禁止を求めた。

 崎濱区長は深夜・早朝の騒音に「相当増えており、とても住民が暮らせる状況ではない」と訴えた。中嶋局長は「安全性はもとより住民生活への配慮が大前提」と述べるにとどめた。

 城原区の防衛局への抗議は13年1月から18回目。状況は悪化の一途をたどり、出席した区民から批判の声が相次いだ。

 
これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS