母に進路を決めろといわれても、ヤヨイは内心、まだ二年生なんだからいいじゃないかと、受験勉強などしていなかった。偏差値の高い大学を目指している、クラス内のごく少数の子たちは、塾にも通ってすでに勉強していたが、ヤヨイは学校での勉強だけで精一杯だった。