若者の自殺対策の一環として学校現場で実施される「SOSの出し方教育」に関し、政府が、保健師や社会福祉士、民生委員らの積極活用を求める通知を全国の自治体や教育委員会に出していたことが24日、分かった。