桑の沖縄在来種「シマグワ」の葉に、血糖値の上昇を抑制する物質・1―デオキシノジリマイシン(1―DNJ)が、本土産の桑の葉よりも多く含まれていることを、沖縄工業高等専門学校や浦添市などの共同研究チームが、このほど明らかにした。