安倍晋三首相は25日、衆院本会議で行われた2日目の代表質問で、導入する長距離巡航ミサイルについて「憲法上保有が許されない兵器との指摘は当たらない」との認識を示した。導入が敵基地攻撃能力の保有につながるとの見方を否定した上で、打撃力は今後も米国に依存する考えに変わりないと強調した。