球児たちの1世紀 夏の甲子園100回

2010年【興南6−5報徳学園】(下)悩める主砲、意地の逆転打 逆境で輝く結束力

2018年1月26日 19:30

 興南の主砲、眞榮平大輝は悩んでいた。メンバー入りした18人の平均身長が173センチと小柄な中、179センチ、80キロの体格で不動の4番。1年前の夏、翌春と甲子園で本塁打を放ち、夏の県大会では打率3割7分5厘の活躍。だが甲子園に入ってからは、準々決勝まで17打数3安打と絶不調に陥った。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

球児たちの1世紀 夏の甲子園100回のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS