22日のプロ野球ドラフト会議で、沖縄県関係者は“大豊作”の最多7人がプロへの夢をつかんだ。多和田真三郎投手(富士大)と上原健太投手(明治大)は西武、日本ハムからそれぞれ1位指名され、沖縄で吉報を待ちわびていた親族や友人たちも喜びに沸いた。