沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍ヘリ不時着「それで何人死んだんだ」 松本副大臣、国会やじで辞任

2018年1月27日 08:26

 【東京】松本文明内閣府副大臣(自民)は26日、首相官邸で安倍晋三首相に辞表を提出した。衆院本会議で、普天間飛行場所属機の不時着を巡る質問中に「それで何人死んだんだ」と不適切な内容のやじを飛ばしたことの責任を取った。受理した安倍首相から「国が大変な時期なので緊張感を持って対応してもらわないと困る」と注意されたという。

松本文明氏

 25日の代表質問で共産党の志位和夫委員長が米軍ヘリの相次ぐ不時着や辺野古新基地建設への対応をただしている時に、やじを飛ばした。

 23日に渡名喜村内の急患用ヘリポートに米軍ヘリが不時着したばかりで、桃原優村長は26日、記者団の質問に「もし人が死んでいたら、あなたはどうするのだと逆に聞きたい。言葉が出ない」と憤った。

 松本氏は辞表提出前、記者団の質問に答え、「沖縄県民ならびに米軍関係者は、訓練や事件事故で、多くの人命が失われている」と持論を展開。「普天間に基地があるおかげでどれだけ県民と米兵との間で、事故、事件が繰り返されてきたんだよ。いったい今まで何人の人が死んだんだ。これ以上もっと犠牲が増えなきゃ具体的な動き(普天間の辺野古移設)への理解ができないのか」とやじの意図を語った。

 辞表提出後、相次ぐ不時着に対する発言ではないと釈明し、「ワンセンテンス口から出たことが、大きく誤解を与えた。予算審議がある中で、沖縄県民や国民に迷惑を掛ける」と話した。

 松本氏は、衆院議員で当選4回。衆院比例東京ブロック選出。2017年8月に副大臣に就任してからは拉致問題や地方創生などを担当。15年10月に初めて内閣府副大臣に就任した時は沖縄担当をしていた。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS