浦添市のなうら橋付近は、冬季に大型のミナミクロダイ(チン)が寄り付くポイントとして知られる。50センチオーバーは夕マズメがベストと語る上里成男さん。20日、友人との釣行を約束し、夕暮れ時に車横付けの海岸を訪れた。

なうら橋で50・3センチ、1・78キロのミナミクロダイを釣った上里成男さん=20日

佐敷海岸で51・2センチ、2・4キロのチンシラーを釣った當眞嗣村さん=18日

国頭海岸で48.8センチ、1.44キロのヒレーカーを釣った大城辰人さん=20日

那覇一文字で43.4センチ、1.1キロのグレを釣った琉球釣遊会の嘉陽田章拮さん=18日

恩納村海岸で4.2キロのクブシミを釣った竹熊翼さん=15日

伊是名一文字で85センチ、10.3キロのイヌバーを釣った内間勇稀さん=2日

勝連海岸で53.1センチ、1.98キロのタマンを釣ったチームT.N.F.Cの大山威二さん=21日

中城海岸で52センチ、2キロのタマンを釣った島田潤さん=21日

北部の磯で50センチ、2.1キロのガラサーを釣った石物つわぶき会の金城善彦さん=20日

与那原海岸で63.5センチ、2.2キロのオニヒラアジを釣った泊隆光さん=18日

なうら橋で50・3センチ、1・78キロのミナミクロダイを釣った上里成男さん=20日 佐敷海岸で51・2センチ、2・4キロのチンシラーを釣った當眞嗣村さん=18日 国頭海岸で48.8センチ、1.44キロのヒレーカーを釣った大城辰人さん=20日 那覇一文字で43.4センチ、1.1キロのグレを釣った琉球釣遊会の嘉陽田章拮さん=18日 恩納村海岸で4.2キロのクブシミを釣った竹熊翼さん=15日 伊是名一文字で85センチ、10.3キロのイヌバーを釣った内間勇稀さん=2日 勝連海岸で53.1センチ、1.98キロのタマンを釣ったチームT.N.F.Cの大山威二さん=21日 中城海岸で52センチ、2キロのタマンを釣った島田潤さん=21日 北部の磯で50センチ、2.1キロのガラサーを釣った石物つわぶき会の金城善彦さん=20日 与那原海岸で63.5センチ、2.2キロのオニヒラアジを釣った泊隆光さん=18日

 砂泥地に岩場が点在する海底に自重のある赤エビの餌をハワせた。緩く安定する潮に乗せ、潮上から仕掛けを送り出す。竿(さお)2本分の幅を流し終えると、潮上からの再投入を繰り返した。

 最初の4投は無反応、5投目の午後6時に40センチのガーラがヒットすると、どうやら時合いが訪れた様子。30分後に2Bのドングリウキが沈み込み、ロッドを震わす本命のアタリが訪れた。懸命に格闘すると、大暴れしながらも次第に浮かび上がってくる銀鱗(ぎんりん)の魚体。取り込み直前、近くを通った人にタモ入れを助けてもらい50・3センチ、1・78キロのミナミクロダイを釣り上げた。直後に合流した友人も50センチを超える大型に驚きを見せたという。

 【配合餌】麦パワー、チヌパワー、アミエビ一番搾り、ソフト赤アミ(名嘉山博 釣りPower)