沖縄タイムス+プラス ニュース

八重瀬町長に新垣安弘氏が初当選 自民・公明推薦、元県議

2018年1月28日 23:40

 任期満了に伴う沖縄県八重瀬町長選挙が28日投開票された。元県議の新垣安弘氏(62)=自民、公明推薦=が6635票を獲得し、ともに前町議の知念昭則氏(66)、宮城勝也氏(43)を破って、初当選した。

新垣安弘氏

 新垣氏は「(旧東風平町、具志頭村の)合併から12年、改めて皆で心を一つにして町政を運営したい」と決意を述べた。

 投票率は63%で、同町長選では選挙のあった2010年の71・2%を8・2ポイント下回り、過去最低だった。当日有権者は2万3835人で投票総数は1万5014票。

 新垣安弘(あらかき・やすひろ) 1955年生まれ、町志多伯出身。糸満高卒。2002年に旧東風平町議、06年に八重瀬町議、08年から県議を2期務めた。

 ▽開票結果(選管最終)

当  6635 新垣安弘

   5424 知念昭則

   2841 宮城勝也

    114   無効

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS