厚生労働省は26日、全国5千の定点医療機関から21日までの1週間に報告されたインフルエンザ患者数が1医療機関当たり51・93人となり、統計を取り始めた1999年以降過去最多となったと発表した。医療機関を受診した患者数は推計で約283万人に上った。