横浜地裁は26日、成人の日を前に突然営業を取りやめた振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市)の破産手続きの開始を決定した。同市内で記者会見した破産申立代理人の弁護士は、現時点での負債額約6億3500万円は、最終的に10億円に上る見通しを明らかにした。債権者集会が6月20日に開かれる。