強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が続いた影響で、日本列島は26日も北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となった。北陸や近畿北部では27日にかけても続く見込みで、気象庁は警戒を呼び掛けた。 気象庁によると、青森、福島、新潟各県では、26日夕までの24時間降雪量が40センチを超えた所がある。