沖縄空手

胸にあるのは「錬心」 空手の技と道を磨き、継承へ【道場めぐり・34】

2018年1月30日 20:20有料

 力強く腕を振り出して型を練習し始めると、道着の擦れる音が響き、道場内に厳かな空気が流れる。平良吉雄範士十段(82)の尚武館照屋道場の稽古は週3回。「錬心尚武」の道場訓を極めようと、二十数人の門下生が通っている。最年少の9歳から71歳まで年齢層は幅広い。 平良氏は昔は警察官だった。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

関連リンク
連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間