日本の児童ポルノや児童買春の状況調査の一環で来沖した国連特別報告者のマオド・ド・ブーア・ブキッキオさんは沖縄県庁で23日、琉球大学教育学部の上間陽子准教授と沖縄タイムスの與那覇里子記者から県内の状況について報告を受けた。