内閣府が実施した防災に関する世論調査で、災害時の対応は自分で身を守る「自助」に重点を置くべきだと考える人が39.8%に上り、2013年の前回調査から1.8倍に増えたことが27日分かった。地域住民らで助け合う「共助」を重視する人は24.5%で、2.3倍に増えた。