那覇空港国内線・国際線ビルをつなぐ連結ターミナル施設の建設工事現場でコンクリート製の梁(はり)が崩れ落ち、男性作業員2人が死傷した事故で、県警は30日午前9時ごろから事故現場を検証する。工事関係者立ち会いの下、事故原因などを詳しく調べ業務上過失致死傷容疑を視野に捜査する。

足場が崩落した現場=26日、那覇空港

 事故は26日午前11時45分ごろ発生。高所作業車に乗り落下防止ネットを張っていたうるま市の自営業の男性(43)が死亡。沖縄市の会社員の少年(18)もけがを負った。