沖縄タイムス+プラス ニュース

F35A囲み、ガスマスク着け訓練 嘉手納基地

2018年1月31日 08:35

 米軍嘉手納基地で行われている即応訓練で30日、ガスマスクを着用した兵士らが暫定配備されている最新鋭ステルス戦闘機F35Aの機体を取り囲んで訓練する様子が確認された。

ガスマスクを着用した兵士らがF35Aの機体を取り囲んで作業する様子が確認された即応訓練=30日午前、米軍嘉手納基地(読者提供)

 目撃者によるとサイレンや破裂音などが鳴り、伏せるような体勢をとる兵士らもいた。投光器も常備され、夜間も訓練が行われているとみられる。

 在沖米空軍第18航空団は、29日から2月1日までサイレン音や発煙筒などを使った即応訓練をするとしている。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ