【名護】稲嶺進名護市長は29日午前、辺野古の新基地建設の抗議が続くキャンプ・シュワブのゲート前を訪れ、名護市や県が反対する中、沖縄防衛局が埋め立て本体工事に着手したことに「県民に寄り添うと言いながら、問答無用という形にしか映らない。