自民党額賀派(平成研究会、55人)の額賀福志郎会長ら幹部は30日夜、所属する衆院議員から派閥運営に関する意見聴取を始めた。参院側全議員(21人)が額賀氏の退任を求めて集団退会も辞さない構えのためで、衆院側から今後の対応策などを聞くことで事態収拾につなげる狙い。