旧優生保護法の違憲性を問う訴訟が仙台地裁に起こされた。原告は知的障害を理由に不妊手術を強制された宮城県の60代女性。弁護団は、被害を訴える元患者が相次ぎ、和解を経て補償を勝ち取った「ハンセン病訴訟」を意識し、新たな原告の登場に期待する。一方の政府内には「なぜ今」と困惑も。施行から70年。