大阪府警の20代の男性巡査長が、ドメスティックバイオレンス(DV)被害を受けた女性の避難先を管轄する警察署名を、加害者である元夫に漏らしていたことが30日、府警への取材で分かった。